この月末は映画鑑賞

 観たい映画が目白押しである。 この月末は映画鑑賞週間としたいのだが、生憎と仕事が立て混んでいるし、野暮用も少なくない。 何を優先するか悩むのである。 先ず野暮用は不義理にする、仕事は今やそれなりにということで佳かろう。

 シネコン時代に入ってから映画というものは、観たいときに観ておかないと、不入りだと直ぐに上映中止になってしまう。 そうなると名画座みたいな有り難いスクリーンが絶滅してしまった地方都市ではDVDに頼らざるを得ないが、それも面倒だから結局の処、見ず仕舞いということになる。 だから、たまには映画鑑賞優先でも許されるだろうと思う今日のこの頃である。



 先ずは、そうハリーポッターである。 これは7/15から公開中であるが、もうしばらくは上映されていそうな感じだから慌てることはないかもしれない。
 「ハリーポッターと謎のプリンス」 
 ハリーポッター・シリーズも既に第7巻「ハリー・ポッターと死の秘宝」が完結しているから、謎のプリンスは第六巻である。

 次いで「劔岳 点の記」である。 06/20より公開中だから、上映終了も近いだろう。 原作者・新田次郎はそんなに好きな作家ではないが、一年をかけて撮影した山岳映像が凄いと評判である。 既に上映スクリーンが減りつつあるから、早く観ておかないと、「観遅れ」ということになりそうである。

 一番見逃したくないのが「セントアンナの奇跡」《07/25公開》である。 映画評では随分と評価が高いが、得てしてこの種の玄人好みの映画は、不入り打ち切りという場合があるから油断できない。 早めに観ておきたいと思っている。
[PR]
by bouen | 2009-08-11 18:30 | 只管打座の日々


<< 本音がこぼれてくる ハイテク農業 >>