建設佳境、豊島アートプロジェクト

 以前にも取り上げた「瀬戸内国際芸術祭」の一環として建設される「豊島アートプロジェクト・世界に一つの豊島美術館」の建築工事がいよいよ佳境に入っているようです。
豊島アートプロジェクトは「アートと海を巡る百日間の冒険」 と題する「瀬戸内国際芸術祭(開催期間)2010年7月19日(海の日)ー10月31日(日)」の一つとして位置づけられているプロジェクトです。芸術祭は三ヶ月半のあいだ、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、高松港周辺を会場として行われますが、大がかりな美術館建設という恒久施設を伴うことからすれば、既存の直島美術館と並んでその白眉ともいえるプロジェクトかもしれません。




豊島アートプロジェクト建設状況については、こちらから。
瀬戸内国際芸術祭については、こちらから。
直島地中美術館については、こちらから。

 豊島美術館の概要図です。


 あの閑静な佇まいの島が、休日毎に押し寄せる人波にまみれるかと思えば、少し複雑な気分ですが、この瀬戸内芸術祭が豊島にとって島興しの佳き導火線になれば良いなと思います。 俗悪な看板やノボリの林立する様だけは見たくないなと思ってますが、当然、千載一遇の機会と考えるヒトが多かろうと思われますから、祭り期間中の多少は猥雑な混雑は致し方なかろうと思います。

 問題は祭りのあとです。 豊島アートプロジェクトは後々に引き継がれてゆきましょうから、その財産をどう生かしてゆくかは島びとに課せられた大きな課題なのでしょう。 豊島がオンリーワンを築けるか否かは、祭りのあとから始まるのでしょう。 瀬戸内国際芸術祭は、「在るものを生かし、無いものを創る」という価値転換をコンセプトとした意義深い芸術祭として2010年以降も継続を意図されているようですから、豊島のさらなる飛躍を期待しています。
[PR]
by bouen | 2009-11-24 06:31 | 只管打座の日々


<< NSDI-PT:GIS-ASP 死は優しくて、美しい 《4/4》 >>