SKYLINER&SKYTREE

 かんぽの宿と鑑定評価に関わる話題NSDI-PTの新しい実証実験提案についての記事を早く掲載したいが、両方共に重要かつ、微妙な問題を含んでいることから、少し時間をおいて推敲を重ねた上で掲載します。筆禍事件や舌禍事件が怖いわけではないけれど、つまらない誤解を招いては元も子もないことから、常の茫猿に似ず少し慎重なのです。 その幕間に8/4在京中に見聞した久しぶりの鉄道あれこれをPhote Logしてみます。




 前日8/3はNSDI-PTの会合があり、YAHOO MAPを用いた事例検索閲覧等の実証実験経緯について、実験に参加いただいている各士協会から寄せられている質問や提案について検討致しました。 会合のあとに開かれた納涼懇親会では、iPADを用いたプレゼンをさせて頂く機会を得ましたので、GPSとGISと事例調査等がどのようにリンクするのか、また既に作成済みのMAP-API機能を用いたルーテイングの可能性などについて試案を説明しました。

 14の士協会の参加を得て実証実験中のNSDI-PT:H21プロジェクトは、各方面から相当の関心を示して頂いており、参加されていない士協会からも少なからぬ数の照会を頂いているようでもあり、いずれもNSDI-PTへの関心の高まりを示すものと嬉しいことです。翌8/4日はかんぽの宿関係で情報収集をと考えましたが、前夜の酔いや東京の暑さから日を改めることとして、07/17に開業したばかりのスカイライナーに体験乗車することとしました。

 スカイライナーについて、詳しくはこちらへ
 

 日暮里駅から成田空港まで在来線最高時速160km、36分の旅を楽しみました。日暮里駅には専用改札口と専用ホームが設けられてあり、乗車する前から(特急券を持つ優越感をくすぐられて)とても快適でした。
 
 

 車内表示とアナウンスは、日英中韓四カ国語表示で、中国人観光客が増加する世相を反映するものです。車内がすっきりとまとめられた内装であるのと、走行騒音が低く、揺れも小さいので新幹線よりも快適なくらいです。 途中、新柴又駅を通過した時は、数年前に寅さんに会いに来たことを思い出しました。
 

 成田空港駅に到着すると、そのまま成田空港です。改札口ではパスポートもしくは身分を証明するもの、例えば運転免許証の提示を求められました。セキュリテイのためとは云いながら、鉄道改札口で身分証提示を求められたのは初めての経験です。
 
 ゲートでカメラを構えていましたら撮影禁止ですと遮られましたので、ゲートを出て空港エリアに入ってから望遠モードで撮影しました。

 
 
 
 
 離発着する飛行機を眺めながら生ビールと昼食をいただいたのちに鄙への帰途についたのですが、京成電鉄ですからエアポートアクセスを利用して品川へ向かい、新幹線に乗ろうと考えたわけです。 どうせならと途中の地下鉄相互乗り入れ区間:押上駅で途中下車して、スカイライナーの車窓からも遠くに見えていた建設中のスカイツリーを見学しました。地下鉄押上駅で降りて地上に出ると目の前に400mに到達したスカイツリーがそびえていました。
 

 東武伊勢崎線業平橋駅構内に建築中ですから、東武特急がスカイツリーの足許に見えます。東武線の踏切から眺めていると、スカイツリーに向かって東武電車が吸い込まれてゆくように見えます。
 
 

 行き交う人の誰もがが、携帯カメラを構えていました。
 

 品川駅を利用するときは、よく立ち寄る喫茶テラスPAUL。いつもなら、パン屑を拾いに来る数羽の雀がいるのですが、あまりの暑さのせいか雀の姿はなく、屋外テラスを利用する客もまばらでした。
 
 テラス喫茶といえば、鑑定協会事務局が入居するビルの一階にあったテラス喫茶が、コンビニとの競争に負けたのでしょう廃業撤退し、跡にはカレーCOCO一番が入居する予定で工事中でした。
[PR]
by bouen | 2010-08-06 02:51 | 線路ハ何処迄モ


<< はやぶさのパネル かんぽの宿と鑑定評価 >>