iPAD&N04B

 昨年までとはひと味も二味も違う新盆の朝を迎えている。仏壇にお灯明を上げ、霊前に供える花の水を換え、墓参りにも行ってきた。すべて昨年までは母が務めてきたことである。 何かと忙しい息子達は帰ってこないが、亡弟の娘と孫が祖母のお参りにやってくるとのメールが先ほど届いた。

 ところで、表題のN04Bとは五年ぶりに買い換えた携帯電話のことである。その携帯電話がなぜにiPADに関わるかと云えば、モバイルルーター兼用なのである。




 iPADについては先号記事のとおりに「Soft Bank Pocket WiFi」をルーターとして利用し、iNETへモバイルアクセスしていたのである。 そんななか、長く使用する携帯の電池が劣化してきたようなので取り替えにShopへ赴いたのである。茫猿が利用する携帯電話は購入当時最薄型であり、その後その型よりも薄い型が現れないから今も使用していたのである。電池は二年継続使用すると無料で交換してくれることから、ぼちぼち二年経過したはずと出向いたら、前の交換時から既に二年半が過ぎていたのである。

 電池交換を求めたら、在庫が無くて郵送するという。そこでDocomoのモバイルルーターについて話を聞いていたら、勧めてくれるのは「Docomo・バッファロー・モバイルWiFiルーター(10/06発売)」なのである。それでは現状と大差ないから、携帯電話ルーターは無いのと聞いたら、これも新機種を説明してくれた。何やら、iPADの出現に合わせて携帯やモバイルアクセスの世界が様変わりしつつあるようだ。

 受信時最大7.2Mbps/送信時最大5.7MbpsというFOMAハイスピード対応機種が新発売されているのである。在来型のアクセス速度は64kbpsあるいは128kbpsだから格段のスピードアップなのである。しかし、機種そのものも高いし(約6万円)、月額の通信料金も約10千円と高いのである。 だから時期尚早とあきらめて店を出たのであるが、店を出てしばらく車を走らせてから気が付いた。今保有している通信システムと比較して、決して高くないと気づいたのである。 それはこういうことである。()内は茫猿の平均的月額通信料金である。

a.Docomo携帯(5,000)+Wimax(5,000)《2010.07まで》
 携帯電話を発信するよりも受信する方が多い、茫猿の通話料金である。Wimaxは定額制である。Wimaxの通信速度は速いが、接続可能エリアが大都市及びその周辺に限定される。

b.Docomo携帯(5,000)+SOFTBANKルーター(5,000)《2010.08まで》
 大きな不満はなかったものである。

c.Docomo携帯(5,000)+バッファロー・ルーター(6,000)《検討対象》
d.Docomo携帯&ルーター(オプションを付けて約12,000)

 月額通信料は若干高くなるが、新しい携帯電話に変更するのであり、iPADとモバイルルーターと携帯電話の三つを持ち歩く必要はなくなり、携帯電話とiPADの二つを持ち歩くだけである。エリアは最大であるし、モバイル通信速度は十分であるし、WIFIも当然に使える。 さらにワンセグも、ハイビジョンムービー撮影も、何やらかにやら、まだよく判らない機能も使えるようになる。携帯カメラは1200万画素と云うから、携帯付属カメラとしては過ぎるものである。

 そこで、よし決定とばかりに、FOMAハイスピード対応機種へ機種変更をしたのであるが、まだ全体を把握し切れていない。 悪戦苦闘しながらも、何処にいてもiPADからiNETアクセスが可能な状況までには設定を済ませたものの、その他はまだまだでWIFIも試していない、大人のおもちゃを前にする今朝の茫猿である。
        
[PR]
by bouen | 2010-08-13 08:45 | 只管打座の日々


<< Client Influenc... これもリーマンショック後遺症 >>