城崎である

e0076374_11201473.jpg

京都駅三十二番線で発車を待つ特急「きのさき」である。
ヘッドマークに雪が付着しているのがマッコト旅愁を誘うのである。
カニと雪と冬の日本海へ誘ってくれる列車である。
何よりも夢千代さんの湯村温泉に運んでくれるのである。

通りすがりのホームで見かけただけのことであるが、是非とも行きたいものである。この冬の海鳴りを聞きながら湯につかれば幸せになれるだろう。
[PR]
by bouen | 2005-12-24 11:20 | 線路ハ何処迄モ


<< 往く歳、来る歳 姨捨の夜景 >>