理事会速報

 中部区理事 田中利彦氏から、第248回理事会(平成18年3月22日開催)報告が届きました。従来から丁寧な理事会報告を戴いているのですが、今回はYAHOOのメーリングリスト利用した資料配付サービスを開始されました。サービスの詳細や配布提供される資料集は直接YAHOOサイトを確認して戴きたいが、鑑定協会広報としては画期的なサービス開始である。しかも個人の尽力によるものである。



 田中理事の熱意とご尽力には大いに敬意を表すものであるが、問題は鑑定協会並びに多くの会員氏である。このような広報活動の協会としての恒久化を望むし、それは多くの会員が利用することにより達成されるであろうと期待する。

「一」鑑定協会はデジタル化を進めよう。
 Webにアップされた数十頁余の多量の資料は、多分田中氏個人の努力でPDF化されたのであろうと推察するが、本来ならば協会事務局がPDF化すべきであろう。 即ち、PDF化ファイルをネット経由で理事役員に事前配布するとともに、同時もしくは理事会終了後会員にも閲覧・ダウンロード可能な環境を用意すべきであろう。『鑑定協会の怠慢を埋める作業を、個人の尽力に委ねてしまってはなるまい。』

「二」せっかくのご尽力が生かされる環境が乏しい。
 田中氏の理事会報告は、地元士協会事務局を通じて、オンライン配布されるものである。私達、岐阜県士協会はIP-VPN並びにグループウエアを経由して、即時・オンライン・デジタル配布されている。
 中部区の他士協会はオンライン配布なのか、ファクシミリ配布なのか、知ら
ない。しかし、以下に伝えるようなWeb上の資料をダウンロードする為には、
サイトURLなどがオンラインで配布され、入力不要、クリックで済むという状
態が好ましいであろう。そこでYAHOOグループアドレスを開示したいのであるが、残念!!!。  田中氏はグループアドレスをグループカテゴリーに公開されていない。
[PR]
by bouen | 2006-04-13 02:53 | 不動産鑑定


<< 理事会レポから(副会長選出方法) E-Forum:鑑定士(No.15) >>