うだつのまち

 うだつ(卯建)をご存じですか。ウダツが挙がるとか挙がらないと云う言い方をするウダツのことです。裏店(ウラダナ)で商いを始めた人が、努力の甲斐あって商売に成功して表通りに店を構え、隣家との境に一段と高い防火壁を構えられるようになることを「ウダツが挙がる」というのです。
 美濃市は江戸期を通じて和紙を主産業とし、長良川の川港でもあった商業都市である。旧美濃町地区は伝統的建造物群保存地区 【商家町】 であり、豪商の町屋、ウダツ、庇上に設けられた火防神などが見られる
 ウダツの町、岐阜県美濃市の案内です。



 整備が進められるウダツの街並みです。在来風に改装する店も多く、横丁などに飲食店や和紙を扱う店など新しい店舗も増えている。駐車場や案内所(番屋)も整備が進んでいる。e0076374_15444639.jpge0076374_15451484.jpg

(左)重文・小坂家、(右)並ぶウダツを正面から見る、クリック拡大すると家紋や意匠に凝っている様子が見える。
e0076374_15453394.jpge0076374_15455431.jpg

銀行も街並み合わせて改装している。ポケットパークも整えられている。
e0076374_15461284.jpge0076374_15464483.jpg

[PR]
by bouen | 2006-06-08 19:23 | 只管打座の日々


<< うだつの店で蕎麦 鑑定業界のロングテール >>