不動産バブル

 記事タイトルは週刊エコノミスト・07/05/29号の巻頭特集記事のテーマである。



 週刊エコノミストの掲載順に記事見出しを掲げると次の通りである。
・世界の余剰マネーを飲み込みバブル化する不動産市場
・バブルを誘発かJREIT収益還元法の危うさ
・不動産市場を理解する8つのキーワード
・都心の優良物件売り惜しみバブルの再来
・銀行はファンドを媒介に不動産融資を急増させている
・存在感増すREITファンド危うさも潜む
 全体に警戒感を顕わにした記事がならんでいる。
なかで、収益還元法記事に関連して「www.kanteishi.net 堀田勝己氏」が「収益還元法の危うさが理解され始めた」と題して記事にしている。

 地価上昇を囃し立てる記事が多く、しかも「最近の地価上昇は収益還元法やDCF法の裏付けがあるからバブルの恐れは少ない」という傾向の記事が多いなかで、収益還元法やJREITの疑問点を指摘する記事が出始めたと云うことである。07/07/01付け地価調査や08/01/01付け地価公示を通じて鑑定士が発する「今回の地価上昇についての分析結果」が問われていると云える。
茫猿の過去記事「騰がる地価は久しからず」はこちらです。


[PR]
by bouen | 2007-05-24 16:32 | 不動産鑑定


<< 風の墓碑銘 蓋、コンビニ >>