不断桜

 H19地価調査結果が発表された。鑑定士の端くれブログとしては何かを云うべき処だろうが、新聞が報道する以上に取り立てての感想は無い。ただ上昇率全国一位地点が、高騰する名古屋駅周辺地域の内、脚光を浴びている駅東地区でなく、端に位置する駅西地区基準地だという点は何やらきな臭い感じがするけれど。それはさておき今日は、桜である。



 暑さ寒さも彼岸までというのは昔のこと、彼岸の入りと云うに真夏日が続いている。そんななかで大垣市船町、水門川の畔で桜花を見つけた、多分四季咲き桜か不断桜なのだろう。春に較べれば花の数が少なく葉桜みたいだけど、背景の空の青さは真夏並である。(07/09/20・08:30撮影)

[PR]
by bouen | 2007-09-21 10:22 | 只管打座の日々


<< Rea Net 構築の今 青ヶ島では「おもうわよ」 >>