やまぼうしの実

 五月にお伝えしました庭先のやまぼうしの実が目立つようになりました。昨年までも実を付けていたのかどうか判りませんが、今年は花付けも良かったことから、実も結んだのだろうと思います。



 やまぼうしの実は、秋には赤く結実して食用や果実酒用になるそうです。果実酒にできるほどの数はありませんが、年々木が大きくなってゆけば果実酒を漬ける日もそう遠くないのかもしれません。

  

 「青き実を 葉陰に揺らす 山法師」 (鄙の堂守)

 NSDI-PT開設準備は、その後も走りながら考え、考えながら走りつつ粛々と進めております。そう遠くない時期に情報開示できるものと考えておりますが、今は三歩前進二歩後退、時には二歩後退三歩転進といった様相です。
[PR]
by bouen | 2008-07-14 10:20 | 只管打座の日々


<< 公益法人支出を3割削減 はんげしょう >>