この秋一番

 昨日いただいたM先輩からの残暑見舞いにこんな一節がございました。
「五月に体調を崩してしまいましたが、涼風の到来と共に朝夕の散歩が心地よく、主治医の診立ても『少しばかりの晩酌なら可! 』ということで、順調に快方に向かっています。」  六月にお見かけした時には、いつものお元気が見受けられず心配しましたが、何よりの朗報でございました。




 さて、しばらく前に我が茅庭のヤマボウシが初めて実を付けたと書きましたが、今朝、葉陰に赤い実を見付けました。先週末はNSDI-PTなどで在京していたのですが、伊豆豪雨で新幹線が不通になって帰宅できなかったりして、ドタバタしていましたから、今朝まで気づかなかったのですが、季節は人の営みなどは余所事に、着実に進んでいるようです。 葉陰に幾つか見える赤い実は、『慌てずに急げ、無理はするな、でも明日あると思うな。』とでも教えていてくれるようです。
  

 そんな訳ですから、NSDI-PT8月委員会の報告は少し先に延ばします。
7月塾・鄙からの発信の講師田原氏から、7月塾講義の際に引用された「営業売上と家賃」に関する資料が届けられました。 ご希望される受講者の方は「ヒナ・メール」にて資料希望と、お寄せ下さい。送付させていただきます。
[PR]
by bouen | 2008-09-02 05:15 | 只管打座の日々


<< 伊藤和也氏を悼む 秋茜の止揚学園 >>