鉄ちゃんとしては!!!

 鉄ちゃんとしては、見逃せないイベントがこの歳末に相次いだ。 もちろん、茫猿とて見に行きたいのは山々だけれど、地価公示が未了ではとてもそんな余裕はない。 とても残念であるが仕方がない。落ち着いたらせめて極楽駅だけは訪れてみようと考えている。



 では、歳末に相次いだ鉄道イベントについて、新聞記事より抜粋引用する。

その一 「極楽駅」が開業、明知鉄道に新駅(08/12/25)
 第3セクター・明知鉄道11番目の駅としてその名も「極楽駅」が開業した。
スーパーマーケットやホームセンターなどの商業施設が集中していることから、高齢者らの利便性向上を目的に開設されたものである。駅名は公募によるが、付近に所在する極楽寺跡から地名が決定したという。 恵那駅発極楽行の切符を入手したら、サイトで紹介します。

その二 名鉄パノラマカーが引退(08/12/27)
 国内初の前面展望の赤色車両として長い間親しまれてきた名鉄の7000系パノラマカーが定期運行を終了し引退した。 パノラマカーは、運転席を2階にし国内初の先頭席全面展望を実現、1961年6月に新岐阜駅―豊橋駅間を結ぶ特急として運行が開始された。 スピード表示があったり、ピーポー、ピーポーというメロディフォンも懐かしい。 茫猿の鉄道模型コレクションよりパノラマカーをお見せします。 画面後方赤い車輌がパノラマカーで、手前は近鉄のアーバンライナーです。


その三 犬山モノレールが運行終了(08/12/28)
 日本で最初の跨座(こざ)式モノレールである。名鉄が犬山市のモンキーパークと犬山遊園駅の間を運行していた。 同モノレール線は、1962年3月開業。犬山遊園―成田山―動物園駅の1・2キロを3分で結んだ。東京モノレールのモデルでもある。



 
[PR]
by bouen | 2009-01-01 00:30 | 線路ハ何処迄モ


<< 潮騒と十字星(6) 秀麗伊吹山 Ⅱ >>