<   2006年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

士協会NWデモサイトの公開-2

 7/23記事でお伝えしたように、鑑定協会ネットワーク・デモサイトの公開が進められている。
 ネットワーク構築など「コロンブスの卵」的今さらの出来事であり、別に取り立てて騒ぐほどのことではない。でも現実的には百聞は一見に如かずなのであり、取り敢えずは士協会事務局に足を運んで見て頂きたいのである。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-31 03:31 | REA-NET構築

異常さを異常と気付かない非情さ

 異常なのである。今をときめく政治家各氏の経歴を並べてみると異常なのである。小泉純一郎、安倍晋三 、麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫、小沢一郎、鳩山由紀夫各氏経歴の何が異常なのか判りますか。各氏の経歴には共通項が認められるのである。 共通項その一、世襲議員である。一部の方は必ずしも地盤を承継しているわけではないが、二世、三世議員であることに変わりはない。

More
[PR]
by bouen | 2006-07-30 10:18 | 茫猿の吠える日々

福井先生のお見舞い

 止揚学園の福井先生が講演などが重なり過労で入院されたと風の便りに伺い、先日お見舞いに行って参りました。その折りの心のこもった美しいお礼状を頂きましたので、皆様にもご覧にいれます。なお、先生の御加減は快方に向かっており、今は体力回復のご養生中です。

【お礼状を読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-29 13:25 | 止揚学園の人々

無農薬・化学肥料不使用の玉葱は如何?

 唐突なのだが、玉葱の産地直売である。

 今年より身内がファーマー一年生の修行を香川県の豊島で務めている。
そこで最初の収穫が玉葱なのであるが、なにせ瀬戸内の離島であるから輸送費が高くついて販路が思うにならない。
 そこで、産地直売のNet通販なのである。玉葱10kg:800円、ただし送料が500~1000円かかる。都合10kg当たりで1300~1800円である。安いことは間違いないと思う。品質は大小不揃いなのを我慢すれば食するに問題はない。無農薬の栽培過程はサイト記事にしているので見て頂きたい。早い者勝ち売り切れ次第終了と云うものの苦戦しているようなので、是非とも宜しくお願いします。離島で働く若者を支援しようと云う篤志の方は、【このサイト】より、ご注文を宜しくお願いします。
[PR]
by bouen | 2006-07-29 11:39 | 只管打座の日々

寅さん再会

 半年間の休憩を経て、8/5よりNHKBSで寅さん全48作放映シリーズの後半が再開される。ところが前半の放映を待っていたワクワク感が今回はないのである。観たくない訳ではない、観たくて観たくて待っているのである。でも高揚感がないのである、怖いもの見たさに近い感じなのである。

More
[PR]
by bouen | 2006-07-29 10:02 | 只管打座の日々

鑑定協会執行部への質問とご回答(3)

  質疑(1)においてこのような質疑の在り方が好ましいか否かについては議論があると書きました。この項並びに今回の質疑についての茫猿の感想を書いてみます。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-27 11:19 | 不動産鑑定

鑑定協会執行部への質問とご回答(2)

 鑑定協会執行部への質問と回答(1)に続く、副会長各位より頂きました御回答です。掲載順も含めて回答原文のまま掲載します。なお、05/03当時の公開質問回答を併載しますが、その質問要旨は以下の記事よりご覧下さい。
「2005年 公開質問」(2005.03.17)
同じく【横須賀 博候補のご回答 05.03.20】

【副会長各氏の御回答を読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-27 10:22 | 不動産鑑定

鑑定協会執行部への質問とご回答(1)

 06.07.08付けE.Mailにて、以下に掲載する質問書を中部区選出鑑定協会理事田中利彦氏にお預けしておきました。田中理事は去る7月18日開催の鑑定協会理事会において当該質問書を公開されるとともに、文書による回答を求められた由にございます。本日、その御回答を田中理事を経由して頂きましたので開示します。

【以下、質疑を読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-27 09:31 | 不動産鑑定

郡上踊りの季節

 踊りの季節が到来して、郡上の町は賑やかである。
徹夜踊りの8/13~8/16を前にして、観光客の入り込みも多くなり、毎夜毎夜、町のあちこちで踊りの輪が広がっている。

【続きを見る】
[PR]
by bouen | 2006-07-25 16:40 | 只管打座の日々

鑑定士である前に市民

 こういう遣り方は禁じ手であろうと思います。それでも敢えて過去記事を再掲します。1999.03.06(雨の土曜日、事務所に出てきてEmailの返事など書きながら、この雨は啓蟄なのだと思いながら、私も穴から出ようかなどと考えて書いた記事です。)

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-24 20:41 | 只管打座の日々