<   2006年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

社保庁の現場にて

 TBS「みのもんたの朝ズバッ!」では、さんざんに批判された社会保険庁であるが、現場の雰囲気は悪くない。厚生年金の受給資格などを確認するために先日近くの社会保険事務所を訪問したのだが、とても親切な対応だった。待合いロビーの雰囲気も良いし、案内係の職員も高圧的なところがなく丁寧な対応振りである。資料さえ持参すれば、全て担当の職員が記入してくれるしから、あまりに老人扱いされて些か鼻白んだ位である。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-09-30 01:34 | 茫猿の吠える日々

今朝の長良川堤防

 士協会ネットワーク問題や規制改革・民間開放推進会議からのヒアリング問題など悩ましい問題は多いのだが、今は述べる意欲がないし書ける状況にもない。代わりに、今朝の長良川堤防での秋満開スナップを載せてお茶を濁すのである。
 新スキーム問題は杞憂が杞憂に終わらない状況にある。もう少し状況が鮮明になり記事にしても構わない時期までしばらく休筆するのである。

【秋満開を見る】
[PR]
by bouen | 2006-09-27 14:40 | 只管打座の日々

秋日和

 一昨日は、ちょいとした野暮用で浜松に半日居ました。
西から向かった茫猿と東から来たる待ち人が落ち合う浜松へは昼時に着いたので昼食は名物の鰻を頂こうとしたのですが、目指した銘店は満席時間待ちとのことで、一時間ほどを遠州鉄道で暇潰兼体験乗車しました。往復の遠鉄車中は野暮用を果たすにもちょうど良い時間だったのです。

【写真を見る】
[PR]
by bouen | 2006-09-18 12:52 | 只管打座の日々

今日のタワー43

e0076374_1752372.gif 今日の岐阜タワー43である。
既に40階に近づいている。
[PR]
by bouen | 2006-09-12 17:05 | 只管打座の日々

ICT一里塚

 霞ヶ関筋の話に拠れば、新スキーム取引価格調査の来年度全国展開に向けての事業決定並びにH19年度予算要求が決定したそうであるが、具体的な詳細は不明である。
もちろん、現段階では概算要求段階であり、告示された自民党総裁選挙そして次期新内閣組閣における国交省新大臣の意向を踏まえた決定を見なければ確定的なことは何も言えない。国会で次年度予算が成立してはじめて新スキーム全国展開決定といえるのである。ちなみに今年度の新スキーム調査は、全国の政令指定都市に実施地域が拡大されている。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-09-11 18:24 | 不動産鑑定

4年ぶりの豊島

 以前、息子が学生の頃ささやかな関わりを持ち、今、また其処でお世話になっている瀬戸内の豊島を4年ぶりに訪れてきました。その報告と言うよりもフォトリポートです。

【フォトリポートを見る】
[PR]
by bouen | 2006-09-10 13:39 | 只管打座の日々

マンホールの蓋

 下水マンホールの蓋なのである。無味乾燥になりがちな鉄製の蓋に、いつの頃からか意匠が凝らされるようになった。写真として保存している物は少ないが、これから収集にかかる「マン蓋・その1」なのである。

【マン蓋を見る】
[PR]
by bouen | 2006-09-06 14:22 | 只管打座の日々

地価公示とネットワーク構築

 資料閲覧サービス以外にネットワークが何の役に立つのか、まして地価公示業務の役に立つのであろうかという疑問をよく伺います。業務連絡ならばE-Maillで十分だし、ファイルの送受信ならば添付ファイルを暗号化すれば理論上の安全値はSSL-VPNに匹敵するのであろうと云われます。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-09-04 11:29 | 不動産鑑定

そして沖縄へ、鑑定フォーラム

 ところで、シンポジウム後の懇親パーテイーで、各地の多くの知友に再会したのであるが、中でも沖縄会の玉那覇兼雄氏に久しぶりにお目にかかりました。玉那覇氏はこの11月16日より18日にかけて開催される第六回九州・沖縄不動産鑑定フォーラムの実行委員長を務めておられます。
 氏曰く「札幌までお越しになったのだから、今度は是非とも11月の沖縄にもお越し下さい。」

【続きは琉球である】
[PR]
by bouen | 2006-09-03 17:28 | 只管打座の日々

函館市電

 今回の函館行きで最大の心残りは函館市電である。次いでS北斗である。何せ同行者が茫猿の鉄道趣味には無理解であり、「信さんは電車フェチだからね」の一言でお終いなのである。北斗の写真を撮る僅かな時間も、函館市電に乗車する機会も与えてくれないのである。マコト旅する友に恵まれないボウエンなのであった。

【でも写真は撮れた】
[PR]
by bouen | 2006-09-03 15:41 | 線路ハ何処迄モ