<   2012年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

蜩の記と蝉しぐれ

 「蜩(ひぐらし)の記」、第146回直木賞受賞の葉室麟氏作品である。蜩の記を書店の平積みで見かけ、手にとって直ぐに思ったのは蝉しぐれである。 「蝉しぐれ」は1988年、藤沢周平作品である。 即座に買い求めて一気に読み終わって感じたのは、両作品に共通する感覚である。 背筋のすっくと伸びた男の生き方を縦糸に幼なじみとの淡い恋心を横糸にした構成もさることながら、情景描写の巧みさと云うよりも読者の心に染み入ってくる語り口の爽やかさである。

 藤沢周平氏は1927年~1997年、前半生は業界紙記者として過ごし、庄内に位置する架空の海坂藩を舞台にして幾つかの時代小説を書いている。1973年「暗殺の年輪」で、第69回直木賞を受賞している。 葉室氏は1951年生まれ 地方紙の記者を経て、2007年「銀漢の賦」で第14回松本清張賞を受賞、以後毎年の如く直木賞候補に推されること五回目にして授賞する。 今も久留米市に在住し、九州北部を舞台にする幾つかの時代小説作品を発表している。

More
[PR]
by bouen | 2012-02-25 05:43 | 只管打座の日々