タグ:汎論・畔論・煩論 ( 12 ) タグの人気記事

REIT掲示板

 ご存じなら、それでよし。ご存じなければ、一度お覗きあれ。
 虚実は定かでないが、比較的真面目に専門用語や実名が飛び交い、現場に居なければ書けないであろう応酬が続きます。
 「REIT掲示板」   http://jbbs.livedoor.jp/business/3382/
掲示板の内、「NO.11:鑑定評価」 
この元サイト、「雪風ファンドのJ-REIT研究室」には、某鑑定事務所との角逐もある。資料SITEとしても利用価値有りと思うが、如何。
[PR]
by bouen | 2006-07-07 07:07 | 不動産鑑定

昨日の記憶

 昨日友人に尋ねられました。「明日の記憶は誰と観たの?」、多分Myブログを見たから故の問い掛けでしょう。「独りよ」と答えましたら、「よく、独りで行けたなあ、僕は怖くて行けない。かみさんも嫌がって同伴してくれない。!!」と云うのです。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-01 10:01 | 只管打座の日々

忘れてはならない日

 今日は沖縄慰霊の日である。先の戦争で、国内唯一の地上戦が戦われた沖縄で組織的抵抗が終息した日である。沖縄戦の詳細は他のサイトに譲るが、この季節忘れては為らない幾つかの日々がある。
 「沖縄慰霊の日・沖縄特別の日」 
 「沖縄慰霊の日・平和への願い
 8/6、8/9 そして8/15である。

【この季節に思い出す話】
[PR]
by bouen | 2006-06-23 07:50 | 茫猿の吠える日々

シロスジカミキリ

 今朝、事務所の階段で大型のカミキリ虫を見つけた。事務所は繁華街柳ヶ瀬に近く、、裁判所や市役所に警察署・消防署・税務署が位置し、かつて網膜剥離で緊急入院してお世話になった大学病院も最近までは立地していた。そんな場所で、大型カミキリである。

カミキリのその後
[PR]
by bouen | 2006-06-21 10:39 | 只管打座の日々

法王庁BOJ・MAC・六本木Hills

 日銀の福井総裁が誤ったというか、気付いていないと云えるのは、
自らが、「ノブレス・オブリージ(noblesse oblige)」の意識も素質も持ち合わせが無いと云うことである。茫猿風情が言揚げするのは烏滸がましいと重々承知の上で云うのも残念なことだが、それはM上氏にもM木谷氏にもそしてM内氏にも通じることなのである。

この次はドウスル
[PR]
by bouen | 2006-06-17 10:51 | 茫猿の吠える日々

変化の潮流

 マイクロソフトのビルゲイツが引退を公表した。最近は第一線から事実上退いて、専ら慈善財団の運営に関わっていたようだ。
 グーグルがウェブベースの表計算プログラムを公開し、追随者も現れている。さらにワープロも公開する予定だそうで、MSオフィスに代表されるパッケージソフトやパソコンのハードディスクが無用になる時期も近いのかもしれない。「各々方、ASP全盛時代も近い。この際ブラウザーもMIEからFirefoxに変えようではないか。それとも、国産ブラウザーが現れないかね。」

More
[PR]
by bouen | 2006-06-17 10:20 | 只管打座の日々

一本の鉛筆

 WebならではのLong Tail的話題にふれてみよう。
それは、美空ひばりさんと一本の鉛筆にまつわる話である。
「一本の鉛筆(作詞:松山善三、作曲:佐藤 勝)」とは、ヒロシマにまつわる歌である。05.08.03に報道ステーションで取り上げられたからご記憶の方もいるであろう。茫猿はふとしたことからこの話を知り、それはまさにLong Tailなんだなと思ったのである。
一本の鉛筆」は、1974年、第1回広島平和音楽祭で実行委員長を務めた古賀政男のプロデュースで美空ひばりのために書き下ろされた曲である。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-06-12 05:23 | 只管打座の日々

田植え今様

 先週末から今週末にかけて濃尾平野揖斐川・長良川下流部の辺りは、土日は田植え真っ盛りである。茫猿の子供の頃は(1950年代)一家総出で、時には親戚や近隣の助けを借りて田植えに励んだものである。小中学校も1週間程度の農繁休暇があった。もちろん全部の作業が手作業であり、子供は苗代で苗を採り、植える水田まで苗運び、苗配り、そして筋植えの手伝いである。

【続きを読む・筋植え】
[PR]
by bouen | 2006-06-11 09:50 | 只管打座の日々

SPAMに悩まされる日々

 皆さんはSPAMメールに悩まされていませんか。何処でどうアドレスを調べたのか、勝手に送りつけてくる不躾なメールです。それも一通や二通ならともかく日に何十通と届くのです。
不躾だけならまだしも、事務所でY文を読まされるのは、嫌な気分です。
神聖な茫猿のデスクトップが汚された思いがしてブルーになります。

【続くSPAMを読む】
[PR]
by bouen | 2006-06-09 09:26 | 只管打座の日々

うだつのまち

 うだつ(卯建)をご存じですか。ウダツが挙がるとか挙がらないと云う言い方をするウダツのことです。裏店(ウラダナ)で商いを始めた人が、努力の甲斐あって商売に成功して表通りに店を構え、隣家との境に一段と高い防火壁を構えられるようになることを「ウダツが挙がる」というのです。
 美濃市は江戸期を通じて和紙を主産業とし、長良川の川港でもあった商業都市である。旧美濃町地区は伝統的建造物群保存地区 【商家町】 であり、豪商の町屋、ウダツ、庇上に設けられた火防神などが見られる
 ウダツの町、岐阜県美濃市の案内です。

【続きはウダツの町写真】
[PR]
by bouen | 2006-06-08 19:23 | 只管打座の日々