タグ:蕎麦 ( 11 ) タグの人気記事

今朝も伊吹は美しい

 今朝も伊吹は美しい。 今頃が空気も冴えているし山には雪があるから、伊吹は見頃の季節なのだろうと思う。 桜の開花予想時期は3月下旬から4月上旬にかけてと発表されていることだから、その時期になれば桜前線を追い求めてみようと思っている。 と言っても遠出ではなく、近場の桜を訪ねようと考えている。 奥飛騨の桜もよいし、奥琵琶湖も佳いだろうなと思っているところである。

 NSDI-PTについて、一区切りの感想を記事にしたばかりだが、浜の真砂と騒動の種は世に尽きまじというけれど、2010年度以降の事業企画、特に地価情報の社会発信について水面下の動きが何かと聞こえてくるから、近々にまとまった記事を掲載したいと書き始めているところでもある。

続きはこちら
[PR]
by bouen | 2010-02-18 09:29 | 濃尾点描

はんげしょう

 岐阜県の東濃地方、中津川市内の国道19号を中津川ICから木曽方面に向けて走りますと、市役所へ向かう交差点を過ぎてしばらくすると、栗きんとんで有名な「川上屋」さんが国道沿いに見えます。道路をはさんで向かい側には同じく栗きんとんの「すや西木店」さんが見えます。今日はその「すや」さんでのお話しです。

More
[PR]
by bouen | 2008-07-10 08:01 | 只管打座の日々

奥美濃は緑滴る

 昨日は奥美濃・郡上市白鳥町に向かう。雨上がりの新緑がとても美しいのに誘われて、仕事もそこそこにして中部縦貫道路を油阪峠に向かう。福井まで抜けてしまったが、お目当ての蕎麦には行きあえず。

More
[PR]
by bouen | 2007-06-01 16:39 | 只管打座の日々

Webの中、上にはキリがない

 蕎麦屋の話なのだが、上には上があるという話につながった。
先ずは、三日間降り続いた雨が小康状態になったから、現場の写真を撮ろうと出かけた先で出会った蕎麦屋さん「そば茶寮・笠井」である。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-07-19 18:53 | 只管打座の日々

郡上白鳥と越前一乗谷の蕎麦

 今週初めに、岐阜県郡上市白鳥町から中部縦貫道経由で油坂峠を越えて越前一乗谷に至った最初の目的は、蕎麦を訪ねてであった。
つまり、お昼にいただいた郡上の蕎麦が不満で、エイヤッと峠越えをしたという訳である。目的の丸岡二八大宮亭には結局行きつけなかったが、朝倉遺跡に出会ったという訳である。行き着けなかったのも当たり前で、場所が福井だったか武生だったかも憶えていないのだから当然である。でも犬も歩けばというか、禍福吉兆は糾える縄のごとしと云うべきか。

【蕎麦を尋ねて何十里】
[PR]
by bouen | 2006-06-16 15:59 | 只管打座の日々

うだつの店で蕎麦

【未確認ですが、桃李は春日井市へ移転したそうです。】

 仕事が予定より早く終わったから、ウダツの町をのんびりと散歩する。日曜日は観光客も多かろうが、今は六月のウイークデイである。チラホラと散策する観光客も見えるが静かな街並みである。美濃市旧市街は国道156号に近いけれど、国道の背後に位置しており街路幅員も狭いことから、特に用がない限り街区に進入することはないのである。旧市街は伝建地区として整備が進められており、鑑定士としては現状を把握しておくことに意味があり、観光兼業務視察でもあると云うのは決して言い訳ではない。街並観察は鑑定士に不可欠な素養なのである。

【卯建と蕎麦を読む】
[PR]
by bouen | 2006-06-08 20:13 | 只管打座の日々

東京虎ノ門界隈の昼食処 

 鑑定協会事務局に出張するとき、昼食に利用する処である。いずれの店も一人でもゆったりと食事ができる処で、お勧め昼食メニューは順に天蕎麦、天丼、北海丼orひかり丼、愛宕丼orべっこう丼である。多くの会議は午後からであるから、余裕をもってこれらの店で食事をしてから会議に赴くのである。だから、せっかくの美味にお酒を添えることができないのが、まことに残念である。一度は愛宕山のTていなどで、島焼酎やワインを開けてみたい。何よりも会議の前々日などにメールで連絡を取り合って、こんな店でパワーランチを一緒するか、会議の後に軽く喉を潤すことがあっても佳いと思うのである。会議参加同僚氏がとても多忙なことはよく判っているが、BeforeもAfter も無いのが常というのはちょっと寂しい。

【続きを味わう】
[PR]
by bouen | 2006-05-28 05:39 | 只管打座の日々

台抜き

 蕎麦の話題が続いたついでに台抜きの話です。
台抜きとは、薬物(ヤクモノ)蕎麦例えば天ぷらそばの蕎麦抜きのことを云います。天抜きと称するお店もあります。
池波正太郎氏の世界などではよく登場するモノです。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-05-28 04:12 | 只管打座の日々

道の駅らっせい

 中津川に向かって国道19号を走っていたら、「道の駅・そばの郷・らっせいみさと」という案内標識をみかけた。そば好きの茫猿としては見逃せないことであり、国道19号をはずれて国道418号に入り、恵那市三郷町の「らっせいみさと」に立ち寄ってみた。「らっせい」とは「いらっしゃい」というようなこの地の方言のようである。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2006-05-27 19:11 | 只管打座の日々

小布施・かなえ

 町おこしで著名な北信濃小布施である。栗菓子小布施堂、桝一市村、北斎館、岩松院などなど。そして、茫猿にとっては何といっても「鼎・かなえ」のオロシ蕎麦である。爽やかに辛い大根おろしで頂く蕎麦である。
e0076374_13275558.jpg
長野には以前は友人も在住したし、最近は息子も短期間だが在住したから訪れる機会が多かったが、今は縁者は誰もいない。何かのことわりを作って訪れてみたい一軒である。芥子茄子と山菜天麩羅で信濃の酒を飲み、オロシ蕎麦で胃と心を満たす一日を作らねば!!!!
[PR]
by bouen | 2006-05-27 13:49 | 只管打座の日々