タグ:街角観察 ( 63 ) タグの人気記事

これもリーマンショック後遺症

 某月某日、某政令指定都市の一角にて、リーマンショック後遺症のひとつをみかけた。
こういうことである。 裏通りとはいえ木造町屋が密集し耐火造建物も介在する街角に、結構な構えの建て売り住宅を見かけた。屋内が開放されていたので、案内を請い後学のためにと見学させて頂いたのである。

More
[PR]
by bouen | 2010-08-11 06:09 | 不動産鑑定

梅雨明け十日

 梅雨明け後の十日間が一番暑いと云います。梅雨の間のジメジメ感と時には肌寒さを感じた時が過ぎて、気温はグングン上昇するものの湿気がまだ残る十日間というものは、例年のごとくとても暑く感じます。 昨日も各地で35度を超える猛暑日でしたが、それでも朝夕には僅かながら涼風が軒端をわたってくるようになりました。 あと一週間もすれば、暑さも乾いた暑さになるし、朝夕の涼風は秋の訪れを感じさせるものになるでしょう。 そんな盛夏を示す写真を三つ掲げてみます。

 梅雨明けのこの時期は稲作にとって、稲株が分けつを繰り返すとても大事な時期です。今朝もラジコンヘリが音高く薬剤散布を行っていました。鄙のあたりの稲作はラジコンヘリによる集団防除を行うようになってから、またひとつ農作業の負担から解放されています。
  
  

 この夏の京都の祇園祭山鉾巡幸は終わりましたが、巡幸の翌日に山鉾の解体作業を見るのも一興です。特に釘やボルトを一本も使わずに組み立てられた山鉾の縄組の美しさは一見の価値有りです。
  
  
  

 三条大橋のたもとに鎮座するこの方(高山彦九郎)は、見るからに暑さが増すお顔です。
  
[PR]
by bouen | 2010-07-22 11:20 | 只管打座の日々

蔵の町と鉄博

 一昨日は鑑定協会企画委員会に久しぶりに出席していました。翌日は蔵の町川越と鉄博を訪れてきました。企画委員会について報告したいことも多くがありますが、それは後日のこととして先ずは蔵と鉄博です。

More
[PR]
by bouen | 2008-04-25 19:39 | 只管打座の日々

高山の春

 久し振りに高山市に行ってきました。少しばかりの仕事と、しばらく前に事務所を移転されたK鑑定士への表敬をかねての高山紀行でした。春の祭りが終わったばかりの飛騨高山はさすがに北国、桜はまだ七分咲きくらいでした。

More
[PR]
by bouen | 2008-04-18 10:23 | 濃尾点描

今日も美江寺櫻

 マイナーな櫻を何度も何度も掲載しても仕方ないと云えば仕方ないのだが、そこはそれブログの記録性とかデータ継続性という処ではなにがしかの意味があろうというものである。それに見苦しいものや汚いものを載せるわけでないし、そこがそれ編者の独断と偏見なのである。

More
[PR]
by bouen | 2008-03-29 19:12 | 只管打座の日々

此の春一番桜

 大垣市の法務支局へ行き図面写を請求して待ち時間の合間に、陽気に誘われて隣の大垣城公園を歩いてたら、此の春の一番桜に出会った。まだ若木だけれど成木になるころが楽しみな艶やか(あでやか)な花色だ。

More
[PR]
by bouen | 2008-03-18 15:50 | 濃尾点描

公園のベンチで

 陽射しは眩しいくらいですが、気温は低いし風もまだ冷たいです。ひとけのない公園のベンチに腰掛けていると、餌をもらえるかと勘違いした鳩が寄ってきますが、しばらく周りをウロウロしていても何ももらえないと気付いたのか、私を少し遠巻きにして眺めるともなく見ているようです。

More
[PR]
by bouen | 2008-03-08 10:35 | 只管打座の日々

街角点描

 岐阜市金華橋通、岐阜地裁前でみかけた点描である。

More
[PR]
by bouen | 2008-01-21 18:44 | 濃尾点描

名古屋4タワーズ

 名古屋駅の南、あおなみ線笹島ライブ駅付近より北方名古屋駅前方面を望むとこんな風景が眺められる。いずれも個性豊かな4個のタワービルが勢揃いする。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2007-12-17 11:36 | 濃尾点描

師走半ば

 今日は十二月も半ばの十五日である。数年前迄なら忘年会に明け暮れ様々な案件の締切に追われている頃である。この頃はノンビリしたものではあるが業務量に反比例して処理能力が落ちているから気忙しいことにはあまり変わりない。 さて、半月も新記事を掲載しなかったにもかかわらず、毎日少なからぬ方が訪れて下さる。さすがにアクセス数は徐々に低下しているが、何よりページビュー数の低下は著しい。

【続きを読む】
[PR]
by bouen | 2007-12-15 09:41 | 茫猿の吠える日々